Standard BASIC
    スマートフォン(Android)があれば
    どこでも手のひらサイズでプログラミング。
    自作カスタムツールをどこでも展開。
 

 Tweet _    
     BG画面構成図  サンプル   ファイルシステム   学校テキストでの数学関数
BahooRoom(リックス氏)HP
  Basic解説、他にプログラム置き場
  (九星開運等)やチャットルームなどの
  コンテンツがあります。
AndroidでBasic言語を
やろうプロジェクト
  FaceBookによるユーザーコミュニティ
   (@リックス氏) 開設されました。

     タートル・グラフィックス  BAStoC-Converter  更新履歴

     ユーザーガイド     グラフィック素材   BG Map Editor 

      更新情報:
       学校テキストでの数学関数追加:
       fcal : f(x)式の計算  sigma: Σ数列の和
       deriv$:微分  diff : 微分定数  intgr: 積分  dint : 定積分
       perm : 順列  comb : 組み合わせ
       root : 累乗根  prime: 素数
       gcd  : 最大公約数  lcm  : 最小公倍数

      印刷機能:
        llist テキスト印刷命令
        hardc 画像印刷命令
       Basicマニュアル自己印刷機能 llist "manualxx.sys"  ( Manual.zip for windows printing )
       スクリーンショット保存機能。
      グラフィク素材
       将棋、チェス、麻雀牌を内部素材に追加。
      更新機能の紹介: 
       タイマー予約実行機能あり。(参照:run)
       Bluetooth、カメラ、動画音声を任意の時間に制御できます。
      操作ワンポイント:
        clsキー長押し2回で画面全クリア。
        編集中Stopキー1回でカーソル左端移動。右フリックで飛び先飛び先一覧。
        カーソル左端(行挿入位置で)でFnキー次にEnterキーで行挿入。

      今後別途にPCのWeb上で動作するbinファイルのランタイムシステムや
      binファイルからのAndroidアプリ生成ソフトウェア(PC版)の開発予定があります。
      *各予定、詳細内容、PC版提供元は変更される場合があります。
      今後各プラットフォームで動作するこちらのBasic言語の総称をMC-Basicとします。
      MC-BasicはこちらのAndroid版の前身にあたるBasic言語です。
      Android版は特にBasic for Androidとします。
      


   Basic for Androidの便利機能

   ■変数表機能
    変数の一覧を観覧できます。
    実行中に内容を変更することも可能です。

   ■ステップ実行モード
    一命令単位で確認しながら実行できるデバッグモードです。
    変数表機能との併用も可能です。

   ■C言語変換セーブ機能
    制作したBasicのソースをC言語に変換して保存できます。

   ■正規表現
    Javaで手間がかかった正規表現がコンソール上で簡単に利用できます。

   ■最適化による高速処理
    同一処理においても10倍以上、トップクラスの処理速度を実現しています。

   ■外部アプリの実行
    希望のタイミングで外部アプリを起動できます。

   ■補助入力機能とポップアップヘルプ機能
    スペル入力補助でその場で命令の機能を確認することもできます。

   ■calc()関数
    文字列の中身を計算式として計算させることができます。
    式の中身は変数、関数全て使うことができます。

   ■dir$()関数
    存在するファイルの情報を取得することができます。

   ■配列変数のセーブ、ロード機能
    C言語のように大量のバイナリーデータを簡単に取り扱うことができます。

   ■学校テキストで取り扱われる数学の関数
    数学の式を演算する関数、∑の和の計算をする関数を言語として初装備。

   ■OpenGL対応
    高速描画モード。

   ■キースキン画像
    お好み画像を背景にして楽しくプログラミングができます。

このアプリは、アンドロイダーのセキュリティチェックを通過しています。
アンドロイダー 
このページはリンクフリーです。

  2012 NS-ware