PLAY


 [機能] 指定ファイルを音楽演奏します。

 [書式] PLAY ["ファイルネーム1"] [ ,"ファイルネーム2"] [ ,"ファイルネーム3"]

 [説明]
  3つの指定位置にはそれぞれ意味があります。
  ・"ファイルネーム1" チャンネル0 でBGMを演奏します。
   ".ogg" ".wav" ".mp3" ".mid" ファイルに対応しています。

  ・"ファイルネーム2" 自動的に各チャンネルに振り分けられて演奏されます。
   短い効果音等の演奏に向いています。(最大6秒程 機種により最大値は異なります)
   メモリにロードされ使用されるので延滞なく連続多重演奏が可能です。
   ".ogg" ".wav" ".mp3" ファイルに対応しています。
   ".mp3"ファイルは効果音では機種により使用できない場合があるので推奨できません。

  ・"ファイルネーム3" "ファイルネーム1"と同じチャンネル0 ですが演奏終了の後自動でループ演奏されます。
  play "" Null文字指定でチャンネル0の演奏が停止します。

 [例]
  play "sample.mp3"


  PLAY


 [機能] 音楽チャンネル0の演奏状態を得る。

 [書式] PLAY(n)

 [説明]
  演奏中=1 停止中=0

 [例]



  BEEP


 [機能] BEEP音を鳴らす。

 [書式] 

 [説明]

 [例]



  TALK


 [機能] Androidが音声合成により指定の"word"でしゃべります。

 [書式] TALK "word"

 [説明]
  Android標準の音声データTTS(TextToSpeech)が必要です。
  入っていない機種ではあらかじめ手動でインストールしておく必要があります。

  ・Android 4.x 3.xの場合
  端末ホーム設定>言事と入力>テキスト読み上げの出力
  Googleテキスト読み上げエンジン(右端の設定)を選び
  '音声データをインストール'から使用する言語を選んでデータをダウンロードします。

  ・Android2.xの場合
  端末ホーム設定>音声入出力>テキスト読み上げの設定>音声データをインストール
  以下GooglePlayに移りダウンロードを進めます。

  既定の(優先する)エンジンで'Pico TTS' を選びます。
  '言語'で使用する国の言語を選択します。
  以上でヨーロッパ系の言語に対応します。

  日本語の場合
  KDDI提供の音声データ 'N2 TTS' に対応しています。入ってない機種では、
  GooglePlayで'N2 TTS'で検索してインストールします。
  設定は表記されている方法に従って下さい。
  既定の(優先する)エンジンで'KDDILABS N2 TTS' を選びます。
  言語で男性か女性を選んで下さい。
  以上の設定でTALK文が使用できるようになります。

  ヨーロッパ系言語の場合、"word"はアルファベットで示します。
  日本語の場合、ローマ字と漢字かな文字両方に対応しています。
  EX_TALK "JAPANESE" でローマ字読みモードに切り替わります。

 [例]
    talk "Hello android world."
    talk "ひらがな 漢字も対応しています。"
    ex_talk "JAPANESE"
    talk "Ro-maji yomemasu"



  EX_TALK


 [機能] TALK文の設定を行います。

 [書式] EX_TALK ["language"][,声の高さ][,読み上げ速度]

 [説明]
  "language"でアルファベットがどこの国の言語か設定します。
  対応する言語です。
  (ディフォルト)"ENGLISH","FRENCH","GERMAN","ITALIAN"
  "US","UK"でアメリカ英語かイギリス英語かを指定することもできます。
  設定の既定のエンジンで日本語を指定している場合はこの設定に関係なく日本語になります。
  また、綴りをローマ字に解釈させるには EX_TALK "JAPANESE" を指定しておく必要があります。
  その他の言語を指定するとローマ字解釈モードは解除されます。
  声の高さを設定できます。
  範囲は 0.1~2.0 で大きいほど高くなります。標準、ディフォルトは 1です。
  読み上げ速度を設定できます。
  範囲は 0.1~2.0 で大きいほど遅くなります。標準、ディフォルトは 1です。

 [例]
  ex_talk "ENGLISH",, 1.2