こちらの言語は当初、記述型計算式エンジンの値を
    コマンドから順次実行するプログラム言語として開発されました。

    この前身となった言語から新たに整備された形で、Java言語にて
    2つの言語、C言語形式とBasic言語形式として再設計されました。

    インタプリタ形式でしたが中間コードでの実行エンジンも開発されて
    実行速度は数十倍に高速化されました。

    このプログラム言語がスマートフォン上で動作するならば
    いつでもどんな場所でも小型コンピューターとして
    活用できるのではないかという考えの元に
    この言語をAndroidへ移植するという形でBasic for Android は誕生しました。
    その場でダイレクトな実行ができて即結果が得られるものとするために
    Basic言語形式の方を採用しました。

    その後多くの機能をコントロールする拡張命令が付加されました。
    使い方次第で幅広い応用ができるものとなっております。
    現代の技術は日進月歩のため
    開発の方も様々なことを勉強しながら機能に活かしている状況です。

    今後の大きな拡張予定としましては

    ・新たな数学関数の追加
    ・binファイルを実行形式にするソフトウェアの開発(変換操作はWindows)
    ・DirectX機能の拡張

    この3つがあります。

    現時点でもほぼ完成された状態にありますが
    これらの機能でさらに応用範囲が広がるものになると思います。

    現代のプログラム言語はより複雑で難解なものとなりつつありますが
    この言語は従来の言語の基本的な命令だけで構成された設計となっております。
    言語の基本的な仕組みについて習得しやすいものになっていると思います。
    幅広くご利用下さい。


    このソフトウェアへの
    お問い合わせは以下のフォームよりお願いします。
    mail form.